FC2ブログ

父のこと

昨日は仕事帰りに、大阪へ。知人のマンションでお線香をあげながら献杯。少しだけのはずが調子に乗ってだいぶんといただきまして、人間の帰巣本能捨てたもんじゃない。よくぞ京都に戻りましたという感じで帰宅いたしておりました。記憶はありません。

ということで、相当にグロッキーな朝です。「ひとの家で何やってるの?」知人の声が聞こえそうな朝を迎えました。

昨日のお昼は、バタバタで、おにぎりを買って仕事場へ行きました。

さてさて、最近登場してきておりませんでしたが、我が実家の父、アルツハイマーのじぃさん。電動自転車を買ってももらい喜んでおります。買ってもらう日は、喜びすぎで、朝の6時前から電動自転車にカギをつけないといけないと父がうるさかったらしいです。

といいますのも、父を説得いたしまして、ようやく今年は免許を更新しないことになりまして。ほっと一安心です。本当に、老人の事故が多いですからねぇ。バイクや車に乗ることができなくなるので、母が納得させるために電動自転車を買って与えたようでした。

父と電話で話していてもご機嫌でした。

「それで、最近お山はどうなの?」と機嫌よく行っているデイケアのことを私が訪ねると「なんだ?お前はお山へ行っていることを知っているのか?」とびっくりの父。「とっくの昔から知ってるじゃな~い。」「へぇ~。なんでも知ってるんだなぁ。」と感心。

今度は思いだしたように、「なんだ?お前はいったいどこにいるんだ?」と。「京都の家に決まってるじゃない。」「あぁ、そうかぁ。京都かぁ。そういわれれば、近所のスーパーのリンゴが安かったなぁ。今も安いか?」話がかみ合っているのか合っていないのか。我が家に遊びに来て、母にお使いを頼まれリンゴを買ったら、仙台よりも安かったことが、驚きだったらしく、なぜかそれは忘れない。なんでしょうねぇ。

母は、壊れたラジオのように同じことを繰り返ししゃべり続ける父に、少々うんざり気味。1日一緒にいると結構辛いらしく、時々「もうしゃべらなくていいから。黙ってさいぃ。」と口をつまむんだそうです。ストレスもたまるのでしょうが、最後は笑って終わる。老夫婦の穏やかな日常に見えます。まだましでしょうかねぇ。

ひと様のお見舞いばかり通っていましたが、時々は実家にも戻らないとと思います。









スポンサーサイト



お葬式

昨日は朝から知人のお葬式。色喪服で参列いたしまして、親族に加えていただき、夫とお骨上げまでさせていただきました。1年間長かったようなあっという間だったような。

ところで、大阪の市営葬儀場、京都の焼き場が情緒的に感じるぐらい、システマチックで驚きました。葬儀場の上に、火葬場があり、エレベーターが並んでいるかのように何基もの火葬するスペースが並んでいる。隣の方も、そのまた隣の方もまるで一斉に焼きあがったかのように出てくる。しかも火葬されたお知らせは、電光掲示板で番号で表示。逐一驚くことばかり。大阪は、人口が多いんですねぇ。

兎にも角にも、若い時には思いませんでしたが、「朝には紅顔ありて夕べに白骨となる」
毎回こういう時に「白骨の御文」を感慨深くふむふむと思います。

昨晩は1年間の疲れも出たのか9時には消灯いたしました。









昨日

昨日は朝から晩まで大阪でした。知人の退院日。何かとスムーズにいかず大変でした。しかも、9ヶ月ほどの入院から退院をするというのは、大ごとです。気づけばお昼もサンドウィッチ片手に立ち食い。

ご自宅へは看護師さん、お医者さん、ベットや車いすのレンタル会社の方、たくさんの方が出入り。そして、家政婦さんには近所のスーパーのご紹介やら、何やらかにやらとお願い。家政婦さん良く慣れたもので、これまた頭が下がります。大阪凄いわ。

いずれは誰もが、一人で亡くなっていくので、準備しなければならないこと、心構え本当に勉強になりました。こういったことを考えると、私が一人になったら、最後は介護老人ホームが一番やなぁと思っています。お金ですかねぇ。ん~。

ようやく、色々なこと、ご身内の方に託すことが出来たので、ようやく少しホッとしました。最後はなんと言ってもご身内の方ですからねぇ。

帰りは満員電車に揺られ立って帰りました。これを毎日しているサラリーマンの方、ご苦労様です。

へとへとに疲れて帰ったので、家の残り物で夕飯を作り、夫にも我慢してもらいました。

夜、年上のお友達と電話。「あんた~そこまでいったら、責任感とか超えて、相当の変わりもんやで~。旦那さんも偉いよなぁ~。」夫の株がこのところ上昇中。









初めて乗りました。

昨日は知人の転院のお手伝いの為、大阪へ。

転院する際って、救急車のようなタクシーがあって、それに乗るんですねぇ。救急車に乗る機会もないので「わぁーい」と喜んで写真を撮って、助手席に乗ろうとしたら、乗ることができない。なんと、車高が高すぎるぅ。

何度もジャンプしても上ろうとしても無理。「あがらなぁい~。えぇ~」足が短いのかなんなのか。そんなにちびっこでもないのに・・・。一人頑張っていると、見かねたドライバーさんが、踏み台を出してくれました。(笑)

乗る病人より手間がかかるってどういうことでしょう。お恥ずかしいことでした。

8101_20160810092713d38.jpg

そして夕方用事がありまして、初、叡電。ワンマンで、一車両なんですねぇ。ものすごいキョロキョロしちゃいました。一乗寺というところには、ラーメン街道ってあるんですねぇ。知らなかったです。京都に住んでいても、知らないこと沢山ですねぇ。

                  8102_20160810092714ff2.jpg












怖いお姑さん

昨晩最終で東京から京都に戻りました。人にお会いしての打ち合わせ、ごあいさつに明け暮れておりまして、お昼は食べずに、お茶ばかりずっと。そんな感じでした。

というのも、前日の東京での食事があまりにも重く、そして、昨晩もディナーだったので、お腹を整えないと、年齢のせいか体調が悪くなってしまいます。ダイエットではなく、美味しく食事がしたい一心。自制いたしました。

昨晩は、愚息とお嫁ちゃんになるだろう彼女と一緒に、夫も含め初顔合わせ。折角なら美味しいものをと気張ったイタリアンでした。しっかりした、良い子で夫もホッと一安心。

「お墓は残念だけど、東京には移せないから、面倒見てもらわなあかんねん。東京に住んでても、お守りしてやぁ。」等々。
長男のお嫁さんになるのでねぇ。一応こんなはずではなかったと思われたら大変なので、前もっていろいろお話いたしました。
そういったことも、なんとなくは理解してもらっているみたいで良かったです。

結婚する前から、怖いお姑さん。そんな感じでいわれているんでしょうかねぇ。なめられるよりはいいのでしょうか。(笑)

家族が増えるって、なんとなく嬉しいもんですねぇ。
結婚に至るまで、我が息子が捨てられないことを願うばかりです。










プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫16歳。
まるちゃんメス猫15歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2019年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR