FC2ブログ

梅シロップ、そして、またラスカル。

梅シロップを作って2日目。2キロの梅に1キロの氷砂糖。そしてりんご酢。昨年ははちみつで作りました。あっという間になくなったので、今年は2キロで。トータル3キロになるとなかなか力も必要になります。

                 梅シロップ


さて、昨日大変なことが起きました。なんと、ここ数日出続けている、アライグマラスカル、我が家に入り、猫餌が入っている棚の扉を開け、その中にあるケースの引き出しから、餌を食べておりました???扉を開けて、引き出しから餌?衝撃的な賢さです。しかも、たくさんある中から上等な半生タイプのものだけを選んで。何なんだこの美味しさはと感激でもしたでしょうか、同じ袋が5つも投げ出されておりました。

その上、お風呂場で我が家の猫族のために入れている水まで飲んでいました。足跡が点々。

帰宅をしてびっくりしましたが、これはまた、人並に賢いかも・・・とひとしきり感心もいたしました。

ただ、一応どうしたものかとお役所に相談電話をしたところ、野生動物の研究所でたぬき捕りがあり、捕獲してもらうとのこと。そして、殺処分と。ペットとして飼われていたのではないかと思うぐらい、人に慣れているし、出てくるのは必ずお昼間。殺処分というのはどうかと思い、途中で相談をやめてしまいました。

情がうつる前に捕獲したほうがいいという意見もあり、思案橋。とりあえず、猫窓を閉め猫餌の入れてあるケースを移動いたしました。

ラスカルぅ。困るんですけどねぇ。いろいろなことが起こる我が家です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

レシピブログに参加中♪



猫の次はタヌキ?いやアライグマでした。

昨日、何やらガツガツ猫窓から入っただろう者が餌を食べておりました。誰だそんなに行儀が悪いのはと、覗いてみると見たことのないような太いしっぽ。オヤっ?と思って近寄ってよく見ると、なんと目があったのはタヌキ。「えっ?誰あんた?」というとキョトンと私を見て、再び餌をガツガツ。

               たぬき3


「ひょえーーーーー」と慌ててカメラを。大きな声で「でなさい!」といったところで、のんびり食事。すると、ちょっと何を思ったのか、出て行きました。ホッとして外を見ると、水を飲んで毛づくろいをして、そして、なんとまた、家に入ってきて餌を食べるではありませんか。びっくり。ちょっと喉が渇いただけかいな?

                たぬき1


その姿をどこかで見たマルちゃん、外から、餌を食べるタヌキの様子を猫窓を通して覗いていました。「危ないから避けなさい。」といっても、どうも気になるらしく、じっと見ています。

そして、タヌキが出ていこうとした瞬間、何度もシャーと言いながら猫パンチを食らわせていました。強っ。まるちゃんの勇猛果敢な姿はよく分かりましたけれど、外からタヌキに向かってそんなことをして、慌てたタヌキが逃げ場を探して家の中でも走り出したらもっと大事です。私、右往左往一人パニックに。そしてなんとかたぬきが外に出たのですが、きっと顔とか怪我をしたでしょうねぇ。ちょっとかわいそうです。まるちゃんのパンチで、私も先日病院へ行ったぐらいですから・・・。タヌキも生きていくにはなかなか苦労しますねぇ。

              たぬき2


でも、これから、我が家の猫窓はどうしたものかと思います。タヌキに餌付けは良くないだろうし・・・。かと言って猫窓を閉めたら、猫が出入りできないし。どこかで、ここにちょっと美味しい餌があるという情報が回ってるんでしょうかねぇ。困った困った。

しっぽが縞なので気になって調べたら、なんとアライグマでした。なんか急に飼えるような気になるのはラスカルのせいでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

レシピブログに参加中♪



お江戸そして軽井沢

昨日はお江戸に出張。歌舞伎座を横目に移動。杮落しは、一幕観るだけでも行列しているようでした。本当に通りがかっただけで、残念でした。

歌舞伎座


そして本日軽井沢。軽井沢タリアセンというところへ行きましたら、なんと、カモに餌付けが出来ました。
ついつい、二回も餌を買ってあげてしまいました。久々のカモ、嬉しくてしばらく見ていたら、どうやら、沢山のオスに追いかけられるモテ子がいると分かりました。ふぅーむ。モテ過ぎで逃げるとは。モテる女は、かなり辛いよう。追いかけられると餌も食べられへんし。。大変や。私が「やめなさい!」と追いかけてオスを追い払ってみましたが、効果は一瞬だけ、お目目がハートマークのオスには、無理でした。鳥の発情期は、ちょっと恐ろしいのです。
image_20130521180509.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

レシピブログに参加中♪



禁じられた遊び

我が家では、時々小鳥がガラスにぶつかって即死してしまうことがあります。猫がじゃれて捕まえることも。生きている小鳥は鳥かごに入れて保護したり、動けない鳥は動物園に連れて行ったことも。山が近いといろいろなことがあります。

鳩はつがいでいます。一度ガラスにぶつかって、動けなくなったオスの鳩を動物園に連れて行ったら、それから数日毎日のように、メス鳩が我が家に来ていました。それを見ていると泣けてくるんです。探しているって分かるんですよぉ。動物園に気になってオスの様子を聞くために電話をしたら、業務で忙しいのでしょう、電話をかけてこないようにと注意されて・・・。しかも、「しばらくして見つからないと思ったら、新しいパートナー見つけますから大丈夫です」と。まぁねぇ。そうでしょうねぇ。色々な意味で世知辛さを感じる出来事でした。

それからは、ドリトル先生と呼んでいる知り合いのところへ駆け込んでいます。それでも死んじゃうことがありますけどねぇ。

今朝もまた小鳥が死んでいました。(涙)今年2回目のお墓づくり。今日は、カモチのお墓のそばに埋めてあげました。カモチもお友達がいたら、寂しくないですもんね。気づいたときまだ暖かく、なんとか生き返らないかと思ったのですが、少しずつ冷たくなっていきました。小さな命のことを考えさせられることが年に何度かあります。

そんなことを思ってお墓を作っていたら、小学生の頃に見た「禁じられた遊び」の映画を思い出しました。すごく印象に残ている作品です。音楽も不朽の名作ですもんねぇ。自分の愛犬が死んで、お墓を作ったことから、寂しくないようにといろいろな動物のお墓作りをし、エスカレートしていく。今観たら、また違う意図を感じるんでしょうねぇ。

         316.jpg 3162.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

レシピブログに参加中♪







気づいて欲しい

京都に戻りました。連日大阪通いです。ちょっとだけですが、サラリーマンの方の気持ちがよくわかるようになりました。家に帰ると、夫、家でのできごと、仕事のことをいろいろ話してくれます。でも、疲れきっているので、お願いだから話しかけないでという気持ちになってしまうんです。笑 悪いとは思うんですけれど・・・。

疲れているときはそっとしておくということも案外と必要ですね。

さて、我が家、野鳥がたくさん来るので、木に果物のおすそわけをしているのですが、だれもきづいてくれません。やり方がまずいんでしょうか?

おっかしいなぁ。実家ではこの方式でわんさか来ているのに。我が家の猫族の見張りがきついとも思えないのですが。そのうちドライフルーツになりそうです。

            えさ

 ブログランキング・にほんブログ村へ

レシピブログに参加中♪







プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫17歳。
まるちゃんメス猫16歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR