FC2ブログ

お寿司とチグラーシャと

昨日のお昼は仕事で外に出ていたため、また外食。当たり前のようにお蕎麦屋さんに入ろうとした夫に「もしかしてまたお蕎麦?」と聞きましたら、この度はお寿司にしてくれました。お昼から大盤振る舞い。でも、金沢でお寿司を食べて以来、京都のはなぁと思う贅沢な私でした。

8051_20150805063838cde.jpg

午後からチグラーシャの病院。なんとおしっこが出なくなりました。おしっこが出ないというのは、もうその時が来たということなのでしょう。腎不全ですから。数値の悪さに先生も突然のことで焦っていらっしゃるようでした。

病院で1時間ほど点滴や抗生物質やらを打っていただきました。点滴嫌いで、いつも夫のお腹に頭をうずめます。

                               8052_2015080506384023d.jpg

点滴の後はぐったり。

8053_2015080506384193a.jpg

あまりにも元気でいたので腎不全ということをすっかり忘れていましたが、チグラーシャ、病気だったんです。最近の調子の悪さは暑さもあると思っていました。衝撃的に、ある日突然、こんなに悪くなるということがあるのかと思うとショックでした。帰りの車中大泣きです。分かっていたことなんですけれど、頑張ってくれていたので、それがまるで永遠に続くように思ってしまっていました。

先生も「最初があまりに奇跡的だったから、もう一度奇跡を願いましょう。」と。

愛情を欲し、甘え、餌を求め、すねたり、文句を言ってきた愛猫が、もしかしたらいなくなってしまうという事実、これは自分の根幹をも揺さぶるような出来事です。愛情を注げる対象があるというのは、私自身の精神的よりどころであったと思います。

ただ、もうそろそろ時が来たのかもしれません。最後の時をどう迎えようかと思います。

撫でながら、拾った時のことからずっと今までのことを話し続ける私にすでに、うんざり気味。
「一人にしてくれ。」「leave me alone」ダイアナ妃のように気丈なチグラーシャは、時々苦しいと鳴きながら、一人安心できる場所を探し、私たちから離れじっとしています。

私の方はといえば、昨日はまんじりともせず一夜を過ごしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫16歳。
まるちゃんメス猫15歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR