FC2ブログ

一縷の望み

昨日のお昼はカレーうどん。気持ち的には、お昼なんて食べなくてもいいのにという感じです。家族がいるって、作らなければならないし、自分も食べることになるので、良いような悪いようなですねぇ。

                    504_20160504105527071.jpg

昨日は、午後から片時も離れず、チグラーシャの看病しておりました。お仕事がお休みで本当に良かったです。もう、すでにトイレに自力でいくことはできず、行きたそうな時に、トイレの中に入れない限り、粗相をします。不思議なもので、ずっとぐったりしているチグラーシャのそばにいると、いつ死ぬのかと待っているような感じになってイヤですね。

義父が亡くなるときも、危篤の知らせを受けて家族がそろった時、そう思いました。ベットの周りで何時間も見守っているのか、死ぬのを待っているのか。

夫、先生から頂いたチグラーシャへのお薬の他に、友人からアスピリンが効くと聞いたので、あげようと言い出しました。かなり強い薬なので、二の足を踏む私に「チグラーシャが生きることを諦めてないんだからやるだけやろう!」と。こういうとき、本当にヘタレな自分が嫌になります。生かすのがいいのか、このままでいいのかと本当に悩むんです。でも、この1年半近く、一番諦めなかったのはチグラーシャです。一縷の望みをかけてアスピリンをあげることにいたしました。

細かく砕き、ほんの少量ですが、大好きなパンナコッタに混ぜて与えました。

朝起きると、チグラーシャ、夫の仕事場へ連れて行けと鳴き、お水をたっぷり飲み、日向ぼっこをさせろというのでほんの少しさせてあげました。驚くのは、ベット下の布団に寝せていたのですが、知らない間にベットに自力で上って夫の枕で寝ていました。
驚異的です。先生から頂いた薬とかアスピリンが効いたのでしょうか?

今日は死ななない!確信が持てたので、朝から大掃除、そして、朝から仕事を少し行いました。

諦めたらいけない。生きることへの執着が、生きることにつながると猫から学習させてもらっています。










スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫17歳。
まるちゃんメス猫16歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR