FC2ブログ

もしかしてもしかしたら?再び?

昨日のお昼はますたにのラーメンでした。もやしは石垣島ラー油とお醤油とで和えたものです。

5051.jpg


昨日は、チグラーシャの目力があったので、これは今日死なないと確信、心にも余裕ができました。溜まっていた仕事を多少こなせたのでホッと一安心です。アスピリンが効いたのでしょうか。

しかも、今日は、足を引きずりながら外に出ようとするので、外に出しましたら、気持ちよく日向ぼっこ。2日前には、もうダメかと思っていたのに。この気丈さには、驚かされます。猫の皮をかぶった人間?

                 5052.jpg

動物病院の先生も、毎回「同じように治療をしても全くダメな子もいるんですけどねぇ。」と驚いているので、今回もまた、ということになるのでしょうか。

アキレスけんを切ってケンケン這い這い生活の夫、この度はまさに同類憐れむ。「お父さんも足が使えなくて大変だけど、治るから。でも、チグラーシャも引きずってたら大変やろぉ。治るようにマッサージをしてあげる。」と懸命です。アスピリンを飲ませたので、万が一千が一にも脚も治るかもしれないと、わずかな望みは捨てていません。

今回のこういった時、病院の先生にはあまりちょくちょく聞けないので、猫友達の励ましやアドバイスというのは、本当に心強いです。薬に関しても、猫の病気に関しても素人。老猫飼いの先輩に聞けるというのは何よりです。

餌を食べていたら大丈夫。薬を飲んでいたら大丈夫。頭が上がっていたら大丈夫。脚も治るかも?折れそうになる心を支えてもらっています。

そして、もしかしてもしかしたら、これは再びの山を乗り越えての復活劇?になるのでしょうか。ただ完全看護ではありますが・・・。


先日動物病院で悲しみに暮れていた中で驚いたことが、「あらまぁ可愛いサビちゃん。」と言われ「あれ、これはキジトラの猫じゃないんですか?」と訊ねたら「これは錆び猫よ。」と「えぇぇぇぇ。」

こんな時に新事実。15年飼ってきた我が家のチグラーシャは、なんと錆び猫だったのです。名まえまでトラちゃんだったのに・・・。










                            
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫17歳。
まるちゃんメス猫16歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR