FC2ブログ

怖いおばさん

昨日のお昼は、キムチ素麺。お素麺、有難いことに、100束近く入った一箱を頂戴いたしまして、素麺生活に入っております。だしには少しお酢を入れています。午前中にお買い物へ行きましたので、ついでに巻き物も買ってしまい、炭水化物の多い食事になりました。

                      7091_20160709073007338.jpg

京都に住んでいるせいか、腕利きの職人さんという方々に出会う機会が多かったように思います。家の工事、庭仕事でも、水道でも電気工事でも、早い、綺麗、腕がいいという三拍子そろっている方々の作業を見て、私自身も若い頃からいろいろ勉強させていただきました。

彼らは皆たたき上げで仕事を学んできていて、その仕事ぶりは見ているだけで気持ちがよく、また、「職人とは。」と教えていただくことが多かったです。しかし、そういった職人さんが世代交代に入りつつあるようで、最近とても困っています。

先日東京で、ワインをこぼしたパンツ。東京のホテルでもクリーニングをしたのに、何一つとれてなくて、がっかりして帰京しました。最後の頼みの綱で、我が家のクリーニング屋さんに頼んでみたところ、なんと染みが一つもなかったかのように戻ってきました。脱帽です。でも、我が家のクリーニング屋さんにしたら当たり前のことみたいで・・・。ホント、改めて今回のことで「まだまだ、リタイヤしないで!一生現役お願いします。」と思いました。

我が家の電気工事屋さんも、流石京都というぐらい、お寺さんの仕事も多くされてきた方でした。早くて綺麗、仕事のあとの掃除もきちんとしていて、手抜きがないのです。もうリタイヤされているのですが、後継者がなく、我が家では「今回だけお願いします。」と何度も無理を聞いてもらっています。

ふすまや障子をお願いしている方も、数年前に一人はすでにリタイヤ、ようやく良い方に巡り会えた!と思ってお願いしている方がいらっしゃいますが、その方も程よい年齢。

左官屋さん、大工さんに至るまで、この方がいなくなったら次には誰に頼んだらいいのだろうと思います。

この頃では、若い大工さんに至ってはカンナも使えず、墨付けもできない人も多いとか。出来なくても出来上がるものもあるのでしょうが、技術ってそういう感じでなくなっていくんだなぁと、このところ、昼となく夜となく頻繁に我が家の話題となります。

今までは当たり前にいらっしゃったのでしょうが、ちょっと腕のいい職人さんを見つけると日当が高くなったり、ちょっと割高かもなんて思ったりすることもあります。でも、今までは自分で選択もできたわけです。しかし、早かろう悪かろうばかりで、これからは選択も出来ない時代になっていくのでしょうかねぇ。これは困ったことだと思っています。

そういう目の記憶、勉強させていただいた経験があるから、ある意味「そんなんアカンやん。」と怖いおばさんにもなっていくんだなぁと自覚もするこの頃です。












スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫16歳。
まるちゃんメス猫15歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR