FC2ブログ

茶色いお昼と『くまとやまねこ』

昨日のお昼は、茶色いお昼でした。
子どもの頃、茶色いお弁当で、恥ずかしかったことがあったのを思い出しました。年の離れた男子校へ通う兄と、きゃぴきゃぴ女子中へ行っている私では、お弁当の感じが違うじゃないですかぁ。そんなことを全く気にしない母でしたので、「茶色いのばっかりで恥ずかしい。」と文句を言って、プチトマトや、緑のお野菜、玉子などの黄色の色を入れてもらうようになりました。

                    914_20160914055914c9e.jpg

この年になって分かるのは、茶色く醤油味やみそ味のついた食事、案外と美味しいものなのです。茶色いゴーヤの漬物、茶色くなったピーマンの煮びたし、そして、豚の薄切り肉と茄子の生姜と味噌で炒めたもの。食が進んでご飯2杯も食べちゃいました。(笑)

昨日、突如ぽっかり空いた時間ができたので、書庫にある絵本や詩集などを開いて再読いたしました。

『くまとやまねこ』も手に取りました。生と死を描いた絵本。『ずーっとずーっとだいすきだよ』とか『わすれられないおくりもの』なども持っていますが、『くまとやまねこ』はその中でも大人向けですかねぇ。デビューした頃から湯本香樹実が好きで、絵本ですが、自分の為に買っていました。

                    9141.jpg

改めて読むと、主人公のくまが、私だぁと驚きました。

「つらいだろうけど忘れなくちゃ。」という前向きの言葉が、励ましてくれているようで、どんなに傷つくことなのか。経験しないと分からないことってありますねぇ。励まされるより、寄り添ってもらうことが、どれほど救われることなのか。そして、ホントに大切なものの死は、誰かの励ましや時間だけではなく、自分自身が克服して、前に進まないといけないことなのだと、改めて思いました。

共感という今までとは全く違う気持ちで『くまとやまねこ』を読みました。












スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫16歳。
まるちゃんメス猫15歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR