FC2ブログ

夢見たものは・・・

センチメンタルで、ナルシストなところがある私。時々詩を読んで浸ることがあります。笑

詩って、短く選ばれた言葉で訴えてくるので、ストンと自分の中に落ちてくる、納得することが多いです。ひねくれものなので、文章でいろいろ書いてあると「なぁにぃー?」と思うこともあるのですが、詩に関しては、ふむふむそうだよねぇと素直で単純になれます。行間に入り込めたり、自分の勝手な想像も膨らむからですかね。

谷川俊太郎、堀口大学、吉野弘等々本棚の中の詩集も読み返すのですが、時代や世代によって好きになる詩が変わることもあります。

最近、心から離れなかったのが立原道造の「夢見たものは・・・」。確かプロポーズをしたばかりで将来を夢見ていただろうに、この詩を書いて2,3か月後に立原道造、亡くなっちゃったんですよね。大人になって改めて読むと別の感情が入ること、ありますね。

「少し立ち止まってください。」という帯に魅かれて立ち読みした『小さな名詩集』。学生時代に学んだものも多く、懐かしくなります。装丁も可愛いし。同じようなものを持っているのに仕事に行く途中4日続けて立ち読みして、とうとう買ってしまいました。笑

小さな名詩集

夢見たものは・・・

夢見たものは ひとつの幸福
ねがったものは ひとつの愛
山並みのあちらにも しずかな静かな村がある
明るい日曜日の 青い空がある

日傘をさした 田舎の娘らが
着かざって 唄をうたっている
大きなまるい輪をかいて告げて うたっているのは
青い翼の一羽の小鳥
低い枝で うたっている

夢見たものは ひとつの愛
ねがったものは ひとつの幸福
それらはすべてここに ある と


それらはすべてここにあるんです。ホントに。「青い鳥」ですね。


詩人と言えば、茨木のり子がかっこいい!と思うようになりました。詩もかっこよければ、生き方も、そして、亡くなり方、遺言も。この詩集には「「私が一番きれいだったとき」が入っています。ずいぶん前に、お説教された詩は「自分の感受性ぐらい」

自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難かしくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮しのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

守れない私はばかものだと思いました。笑
彼女の作品をまるで道徳の教科書のように思う時もあるのですが、自分にも厳しかった人なんだろうなと思います。昔はどう読んでたのかなぁ、思い出せないのですが、今は妙にリアリティがあります。同じ匂いを感じたり。40を過ぎて改めて茨木のり子ファンになりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫16歳。
まるちゃんメス猫15歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR