FC2ブログ

ピアソラ

ワールドミュージックが好きです。

パンドネオンを初めて聞いたのはピアソラの音楽からでした。直情的で、時に哀愁漂うパンドネオンの響きに衝撃を受けました。

先日ロンドンの小さなコンサートホールで、たまたまピアソラのコンサートへ行ったというご夫妻に、そのコンサートの話を伺いました。日本でもまだピアソラが知られていなかった頃だといいます。コンサート内は、イギリス人と思われる白人系の方より、アルゼンチンからの移民とか、出稼ぎで来ているのかな?という人が多いように思えたそうです。コンサートが始まると、鼻をすする人、耐えられず会場から出て、嗚咽する人が何人かいたそうです。狭い会場の外での嗚咽と、ピアソラのパンドネオンが一緒になって、今でも耳に残っているとおっしゃっていました。すごい話ですねぇ。

その話を聞いて、再びピアソラを聞くと、この音楽を生み出した国の歴史を含め、この音楽を聴いて育った人には、アルゼンチンの魂のようなものを感じるのかもしれないなぁと思いました。確かに。

ちなみに夫、リラックスできる耳触りの良い音楽が好きなので、ピアソラのように少々エキセントリックで激しいものは苦手のようです。

家族のいない一人の夜、ちょっとだけいいステレオの中ぐらいの音量で、ピアソラを聞くのは、自分の世界に籠っていく感じもあって、なかなかいいです。

ピアソラ
スポンサーサイト



テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

忘却

五感で感じる事は脳に響き、心に響き、脳に戻る…

私は『忘却』を聴き、普段ある辛い事が倍増してしまい、ポロポロ泣いてしまいました。 しかし、涙を疲れるまで流した方がスッキリするので、良かったんです。

あんなに輝く星を見ても涙する事だって、あるんですから、五感で憂い励まされ生かされてる様な気がします。

人間は寂しがり屋 少しの感動で満たされ豊かになれる素晴らしい生き物なんですよね…

ブログを拝見させて頂く事で、自身にも自答自問でき有り難いです。
プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫16歳。
まるちゃんメス猫15歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR