FC2ブログ

今月の本 その1

現在は福音館書店の相談役である松居直さんの講演会へ何度か伺ったことがあります。その中で絵本を読んでくださったのですが、独特なイントネーションと柔らかな声が印象的で、今思うと京都訛りだったんですねぇ。

『松居 直自伝』まさに人に歴史あり。幼少期からの一つ一つの記憶、影響を受けた事柄、大人になって再解釈することで、今ある自分をも見つめることになるんだろうなぁと改めて思いました。

福音館の絵本、大好きなものがたくさんありますが、『にほんご』も何度も読み返す1冊です。初版が1979年なので、少し時代も感じるところもあるのですが、リズミカルで、ていねいで、美しい日本語を考える良書だなぁと思います。谷川俊太郎、大岡信、松居直、安野光雅が携わってでできているなんてすごいですよね。

好きな章に「とき」というのがあります。
 
前略

あなたは いま、ここに いる。
たいむ・ましんが できないかぎり、
ひとは、きのうへ もどることは できない。
あすへ ゆくことも できない。

でも ひとは、こころの なかで きのうを おもいだすことが できる。
あすを ゆめみることが できる。

とおいむかしから、ちきゅうの うえの いろいろな ところで、
ひとは いちにち いちにちを いきてきた。
きのうと きょうは よく にているけれど、
おなじでは ない。
そして あすは いつでも あたらしい。



ホントに。想像することは人にしかできないですし、読むだけで丁寧に生きることを考えさせられます。
本1

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

心をノックされました

私事ですが…昨夜、学生時代の友人と語らって参りました。 『あの頃に戻りたいな…、あの頃だったらな…』なんて、懐かしみ以上に、皆で戻りたい病にかかってました。

そうこう言っている間も『時が過ぎていく』んですよね… いけません!いけません!

ブログの詩に心をノックされたように思えます。大切な気付きを有難うございました。
プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫16歳。
まるちゃんメス猫15歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR