FC2ブログ

男子厨房に入るべからず

昨日ちょっと、夫を悪くいったような気がしたので、少々フォローを。

夫は戦争等で家族制度の崩壊しなかった京都で長男として生まれています。家族制度が崩壊していないというのは、核家族ではなく、家父長制が残る戦前のままの家族形態。もちろん、夫、戦後生まれです。笑 

食事も上座から祖父、伯父、義父そして、長男の夫という順に座って、祖父が箸を持つまで待つ。女子は隅で、お嫁さんに至っては配膳もあるので席つくこともままならないというような家で幼少期を過ごしています。まぁ男子は床の間の上に飾っておくものという育ち方をしてきてしまっているわけです。しかも、夫が台所に入ることは当然の如く叱られる。良くも悪くも、長男は崇め奉られてきたところがあるようです。

現在でも義母、義理の妹も、夫を非常に立てています。亡き義父は絶対的な存在でもありました。はい。

主人の祖母がいつもぼやいていたのは、「どんなに重い荷物を持っていても、ワシが持ったらおまえの恥やから」と言って、祖父は1度も荷物を持ってくれなかった。「恥じちゃうやん、遠慮せず持ったらいいやん」ではないそうです。

ということで、そういったことに慣れない私。結婚した当初「戦前か?」と失神しそうなことが繰り返えされ、現在に至っております。育ってきたものは、変わらないので、夫への諦めも必要なのでしょうが、そういうところ、少々諦めの悪い私です。

しかし、人間は環境に順応するものでもあります。今や夫は台所で食事をし、その位置といえば上座でもない。なかなか、食事の席につかなかったら、お先にと家族は普通に食事を頂いてしまいます。

祖父がいたら嘆くことでしょうと思いながら、外から来たお嫁さんによって、家族制度はこうやって変化していくのだと思うのです。ダメでしょうかねぇ。対社会的には、いや家族的にも?愚妻の評判高いお嫁さんなのかもしれません。おほほほほ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

レシピブログに参加中♪




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫16歳。
まるちゃんメス猫15歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR