FC2ブログ

「先祖になる」 生きていこうと努力できる人

昨日久々に映画館で「先祖になる」の映画を見てきました。震災で津波に襲われた陸前高田の木こり、佐藤直志さんの自宅再建への復興ドキュメンタリー。

震災からの復興が柱にはなっていますが、私の感想は、こういう人、いるいる。いたいた。まるで知り合いを見ているかのようでした。生きる力、生きていこうという力が備わっている頑固者。そして、その術を体で覚えてきた人って驚きますねぇ。東北にはまだまだ、そう人がいると思います。

知り合いに、フリンストーン爺さんと私が勝手に呼んでいるおじいさんがいました。(漫画の原始家族フリンストーンからとって)炭や窯、木槌に道具類、目に留まるものは何でも自分で手作り。ちょっと胃腸が悪いといえば、山に行って薬草を取ってきて、煎じて飲むようにと渡され、山のことはなんでも知っていました。都会育ちの若者より、恐ろしく力があって丈夫で、頑丈。山の神さまを崇め、先祖のこと、土地のことを守り、伝統を残し、頑固で前向き。「先祖になる」の佐藤直志さんと似ていました。苗字も佐藤さんだから親戚だったりして・・・。ちなみに東北に佐藤という苗字は多いです。

震災のドキュメンタリーで、印象に残っているものがあります。震災後の仙台で「孤立集落 どっこい生きる」歌津地区に住む倉さんとその集落の復興をNHKで見ました。震災後に孤立した集落の人たちが協力し合って、共同生活をしながら、ネットで支援を求め、お風呂を届けてもらったりと自力で集落を守っていく。色々な人に観てもらいたいと思う、力強く前向きな復興のドキュメンタリーでした。その後どうなったのか、知りたくて仕方がなかったのですが、何ヶ月も経ってからようやく関西でも放映していました。その後のエピソードも交え、人々も少しずつ変化していて、以前のものとは異なった印象でしたが、あれは関西版だったのでしょうか。

生きていく力。ふと小野田寛郎とか横井庄一とかその二人も相当に生きていこうとする力が備わっていたんだろうなぁ、どんなドキュメンタリーになったかなぁと思いました。小野田さんは、こんな日本が嫌だとブラジル行っちゃったなぁと、かなり飛躍してぼんやり思うのでした。試練を与えられることで、その人の持っている強さが出てくるんでしょうねぇ。

でも、「先祖になる」の直志さん、せっかく建て直した家に、奥さんが戻ってないのがちょっと残念でした。まぁ、ねぇ、夫婦にはいろいろありますわなぁ。

我が家は本日、朝から庭仕事に蕗とり。山の恵みをいただきます。

                    蕗


ブログランキング・にほんブログ村へ

レシピブログに参加中♪





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫16歳。
まるちゃんメス猫15歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR