FC2ブログ

病院嫌い

一年に一度のチグラーシャのワクチン注射の日。彼女をかごに入れるのは至難の業なのです。かごを見るとすぐに逃げ出すので、数日前から準備です。いつも、出した瞬間に消えてしまいますから。

そして、かごに入れるのは彼女が半分寝ぼけている状態じゃないと大変。一人では決して出来ない仕事です。入れようとすると踏ん張って絶対に入らず、後ろから押して前から両手を引っ張って。

やっとの思いで入れたら入れたで、永遠ずぅーーーっと鳴きまくり、「イヤだ!」の猛烈アピール。「殺されるー!助けて!」と叫んでいそうな感じの大声です。車の中はまだいいにしても、皆おとなしくしている動物病院の待合、少々恥ずかしいのです。

かごを覗いて「大きな猫ちゃんだこと」と驚かれることも多々。個人的にはもっと大きなまるちゃんがいるのでなんとも思わないんですけどねぇ。チグラーシャ、よそさんより少し大きめみたいです。女子なのに大きいと言われるのはちょっとねぇ。

診察室に入ってからも、診察台にのせるのが一苦労。かごを開けて看護婦さんと押したり引いたり。絶対にでてこないので、また一仕事。出した後は、私のお腹に顔をうずめ周りを見ない努力をします。

「最近あまり変わりないですか?」「あまり食べないみたいで・・・ちょっとやせた感じがして」「体重は以前より増えてますけどねぇ。」と獣医さん。「毎日吐くし、水をよく飲むんですけれど・・・」ということで血液検査に。10歳を過ぎると腎臓病になりやすくなるそうなんです。ところが、血液検査も前回より良好。健康でした。毎日見ているのに、健康かそうじゃないかも分からないなんて、飼い主としてはいかがなものでしょうねぇ。私。嫌な思いをさせ申し訳なかったです。反省。


診察の後は、お決まりパターン。かごのふたを開けると、あれほど嫌っていたのに、一目散にかごの中に逃げ込みます。ふたの開いた瞬間に。笑うしかありません。

そして、帰れると思うのか帰りは非常におとなしくしています。家路に着くと、鳴きつかれてお腹がすいたのか、えさに直行。ガツガツ食べていました。ほかの猫の餌まで。なーんだ。よく食べてるじゃん。

子どもの内実を知らないのは、親だけなのかもしれませんねぇ。健康なのは何よりです。

                    ねこかご


ブログランキング・にほんブログ村へ

レシピブログに参加中♪








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫16歳。
まるちゃんメス猫15歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR