fc2ブログ

当たり前だと思っていました。

まだ薄暗い朝です。今まで当たり前に、いつも通りの朝がむかえられると思っていました。

昨日の朝、起きた瞬間に我が家の老猫ちびちゃんが消えていました。前の晩、色々なことがあって、少し早寝をしたので、ちびちゃんに「おやすみなさい」と言わなかったんです。当たり前に朝が来ると思っていましたから。当たり前って当たり前じゃなかったんですね。

昨日朝、泣きながらちびを探し、そして徘徊すること5時間。すぐにチラシも作ってご近所さんに投函。気づけば朝食も、仏さんのことも、いつものルーティーンもしていない。家族は朝一で仕事へ。

ちびちゃんが消えたと猫友に連絡をしたら、電車に飛び乗って、神戸から駆けつけてくれました。こういう時に一人でいるのも良くないと思ってくれたようでした。

確かに、きっと友人が来てくれなければ、一日何もせず、探したり泣いたりしながら、やることもやらず、ぼんやりしていただろうと思います。

来てくれたから、ちょっとシャキッともする。ありものでもとお昼は簡単にざる蕎麦。

                    202311287.jpg

茶碗蒸しも。でも、気持が反映されているのか、どれも味が濃かったり薄かったり。高野豆腐も焦がしました。(笑)

                   202311288.jpg

朝からずっと泣きながらチビを探していたので、目は落ちくぼみクマもさらにひどくなり、ボンボンに腫れて遮光土偶。頬もこけ、白髪三千丈の勢い。友人も流石に酷い顔に「親御さんが泣きそうよ」と言っていました。(笑)

私の中でもしかしたら、こんな日が来ることも、どこかで予想していた部分があったのですが、まさか、突然そんな日が来るなんて思ってもみませんでした。この一ヶ月の間に、ほとんど家にいるちびが、2度ほど外へ出て、どこかへ行こうとしたんです。「どこへ行くの?戻ってきて!」とお願いをしたところ、その時は、ちびは素直に家に戻っていました。その時から、一度どこかへ行ってしまったら、戻ってこないのではという不安が、自分の中にあったんだと思うんです。

でもまさか、夜中のうちに出ていくなんて。死に際を見せない猫もいるといいますが、我が家の猫たちに限ってそんなことはないだろうとたかをくくっていました。一番野良だったまるちゃんでさえ、我が家で亡くなったのですから。

戻って来て欲しいと願いつつ、もうちびは戻ってこないのじゃないかと思えば、「どうして」と涙も出てきます。20年も苦楽を共にしてきたのですから、なんとなく捨てられた気持ちにすらなります。

友人が来てくれたおかげで、やることだけやっておかないとと、気持をシャキッとさせ、夫から頼まれた買い物をしに百貨店へ行きましたが、なんと、財布を忘れて出かけてしまいました。

ぼんやりしていたのでしょうねぇ。

再び出直したらお夕飯の時間。結局ミスターギョーザを買って帰りました。

                 202311289.jpg
                   2023112810.jpg

                   2023112811.jpg

暗~い。お夕飯。明るく勤めようとしても話せば涙も落ちてきそう。

今朝起きてもやはりちびちゃんは戻っていませんでした。その時、何となくちびの足音が聞こえました。もちろん姿はない。もしかして死んでしまったのじゃないかと思えば、また涙も落ちます。

本日、お火焚き。そしてお客様と続きます。忙しかったりするのは良いことですかね。でも、諦めきれないので、ときどき山へちびちゃん探しをしながら一日を過ごそうと思っています。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


家庭料理ランキング


レシピブログに参加中♪
 
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ごんちゃんさん

おはようございます。
ご心配をくださりありがとうございます。

本当に。ちびちゃんがいったいつ家を出て行ったのか。ボケて戻れないのではなく、もしかしたら覚悟を持って出たのではとしか思いようがなくて。

お友達って大切ですね。
そして、当たり前は当たり前じゃない。言葉ではなく身をもって、そして改めて思いました。
ありがとうございます!
そして私も応援しています!

私も、日にち薬にはちょっとまだ早いですが、少しずつ自分を納得させる時間も必要なようです。

この秋はちょっと寂しいです。

Re: No title

シャム猫様

いえいえ、コメント有難かったです。
猫にはそういう性質があると言われていますものね。
自分の猫がなんてみなゆめゆめ思わないんだと思います。

でも、本能かもしれませんし、自分の生きたいよう、そして覚悟を持って家出したのかもしれませんし。
諦めてはいませんが、チビちゃんらしかったのかもしれないと思ってみたり、あーでもないこーでもない。
自分を納得させるための言葉を探しています。
ありがとうございました。

Re: No title

とおりすがりさま

いつもご心配をいただきましてありがとうございます。
ちびちゃんは、体調が悪いと一人になりたがるところがありました。
でも心配でついついじっとさせなかったことがあるので、自分一人になりたかったのかもしれません。

本当にとおりすがりさまに手作りじゃなくとも買ってきたモノでもといわれ気も楽になりました。
作りたくない日、ありますね。
家族もそれでも良いというのだからありがたい限りです。

時間薬。少しずつ元気になっていきます。
朝晩、冷えますね。ご自愛ください。
プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫20歳。
まるちゃんメス猫19歳。

国芳さんもとオス猫6歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

夫。プラスα。
      

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事 (サムネイル付)
フォンダシオン・ルイ・ヴィトン Mar 01, 2024
パリの農業祭 Feb 29, 2024
墓まいら~ Feb 28, 2024
雨の日曜日 Feb 26, 2024
昨日のこと Feb 25, 2024
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR