FC2ブログ

燭台と和ろうそく

以前まで和ろうそくは悲しいイメージと結びついていました。
幼いころに読んだ未明童話「赤い蝋燭と人魚」のせいでしょうか。物悲しく揺らめく赤い蝋燭の炎が、まるで見たことがある映像のように心に残っていました。

ある時シンプルで美しい形をした白いろうそくに出会い、家にある燭台にという衝動に駆られ買ってしまいました。14,5年も前に燭台は買ってあったのに、です。何故かそういう時というのは突然やってくるものなのですね。

燭台に和ろうそくを灯すと不思議にほっこりできて、我が家がBarになります。最近の我が家はますます飲み屋と化していく傾向にあるようです。

ろうそくの炎は、実はろうそく屋さんによって微妙に異なっています。それが分かってから、自分の好みの和ろうそくを見つけるため、時々違った地域の和ろうそくを試しています。何でも奥が深いと感じる今日この頃なのです。燭台

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

素敵ですね。
燭台は、持つ為の取っ手があるのでしょうか。
歩く時に使えるとか? あ、でもそれじゃ風で消えてしまいますよね・・・
この蝋燭を赤く塗ると、未明の世界になるのかも・・・

灯り…

普段電気と共存しており、当たり前の様に手元足元全てを明るく照らされ生活しています。

ろうそくと言えばバースデーケーキにお仏壇位…しか使用しない私ですが、和蝋燭は本当に暗い場所に ぽっと 灯りと他の何かを導いてくれそうな、何だか自身とも向き合えそうな感じが… 一度私も和蝋燭を味わってみたいです。

Re: No title

まめにチェックしてくださってありがとうございます。
燭台で持って歩いても和ろうそくの炎は消えないんです。
私が使っているのは小さいもので5号のサイズ12センチぐらいまでのものです。
いろいろ種類があって面白いです。
プロフィール

チグラーシャ

Author:チグラーシャ
京都市在住。

ちびちゃんメス猫16歳。
まるちゃんメス猫15歳。

国芳さんもとオス猫3歳。2017年8月保護して家猫

ヨシオ もとオス猫年齢不詳。2019年4月通いから家猫昇格
サチコ ヨシオの妹年齢不詳。2019年8月通いから家猫昇格

通い猫
モード君オス 年齢不詳。
サバオ オス 年齢不詳。

チグラーシャメス猫14歳2016年5月没。
おかあさんメス猫16歳2018年3月没。
通い猫ブッチー恐らく没(国芳さんの父と思われる)

夫。プラスα。
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR